自宅で最期を迎えるのは・・・・・ やはり難しい!  ( August 26 , 2016 )

自宅で最期を迎えるのは・・・・・ やはり難しい!


全国の自治体のうち3割に当たる552市町村では、昨年3月末現在、病気や高齢のため自宅で過ごす患者を医師らが訪問して治療する 在宅療養支援診療所 がないことが厚生労働省の集計で分かった。国の調査では、国民の半数以上は 自宅で最期を迎えたい と考えているが、在宅療養を支える基盤が整っていない現状が浮かび上がった。 

自宅で亡くなる人の割合に自治体間で大きな差があることが判明しており、こうした医療提供体制のばらつきが一因とみられる。在宅療養支援診療所は24時間往診できることなどが要件で、全国に1万4320カ所ある。一般診療所は全国に約10万カ所あり、在宅療養支援診療所の割合は低い。

 

在宅療養支援診療所のない自治体の9割は町村部で、近隣市の診療所がカバーしている可能性もあるが、市部でも55市になかった。北海道と東北で552市町村の半数あまりを占めた。厚労省の担当者は 北海道、東北は積雪や山間部が多いなど気候や地理的要因から在宅医療があまり普及していない。西日本は病院を含め医療資源が多い と説明する。

 

看取りの取り組みについては、在宅療養支援診療所の中でも濃淡があり、4割程度は年間に1件も看取りを実施していないとみられる。患者が最期まで住み慣れた場所で暮らせるよう、厚労省は 在宅看取り を広げたい考えだ。 ( H28.8.25付 毎日新聞より記事参照 )



抱きしめておくりたい ( 著:柴田久美子 ) .jpg  



参考サイト : 西日本新聞社








スポンサーサイト

テーマ:介護保険・ケアマネのこと - ジャンル:福祉・ボランティア

[2016/08/26 10:39] | ケアマネジャー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<夏も終わりに近づき・・・・・  ( August 27 , 2016 ) | ホーム | リオオリンピックも終わり、そして今年の夏も終わる。  ( August 25 , 2016 )>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://clovercare.blog100.fc2.com/tb.php/2090-5a69ebe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |