介護現場の厳しい現実! ( October 7 , 2015 )

介護現場の厳しい現実!


介護士が必要な研修を受けないまま入所者に栄養剤注入などの医療行為を施したとして大阪府警は2日、大阪府羽曳野市の介護付き有料老人ホーム「 グランパ羽曳野 」 の元施設長ら計22人を医師法違反などの疑い、運営法人を社会福祉士及び介護福祉士法違反の疑いで書類送検した。府警への取材でわかった。

 

羽曳野署によると、元施設長のほかに書類送検されたのは介護計画の作成担当者と看護師1人、介護士19人。2013年 1月~2014年 9月、介護士が法的義務がある研修を受けないまま、入所者2人に対し、鼻に管を入れて栄養剤を注入する「 経管栄養 」 を計659回実施し、別の入所者2人に計1365回、糖尿病のインスリン注射をした疑いがある。

 

厚生労働省福祉基盤課によると、経管栄養の実施は医師や看護師らに限られていたが、2012年の社会福祉士及び介護福祉士法改正で、専門の研修を受ければ介護職員らも可能になった。現場のニーズが高く、介護施設側から「 職員でもできないと現場が回らない 」 と強い要望があったという。インスリン注射は研修の有無にかかわらず、医療行為として介護職員らが行えば違法行為にあたる。( 朝日新聞より記事参照 )


あかんことはあかん、もちろん理解はできるのですが・・・・・ 現実って、こうなんです。でもやっぱり、あかん。介護する人が犠牲にならないように、制度を考えて、変えていかなければならない。



介護現場はなぜ辛いのか ( 著:本岡 類 ) 





参考サイト : 朝日新聞デジタル
                 
新潮社




スポンサーサイト

テーマ:介護保険・ケアマネのこと - ジャンル:福祉・ボランティア

[2015/10/07 17:18] | 介護保険 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<どうも足の調子が・・・・・ ( October 8 , 2015 ) | ホーム | 携帯、監視カメラ、ドローン、今どきは・・・・・ ( October 6 , 2015 )>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://clovercare.blog100.fc2.com/tb.php/1785-fa6d7046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |