ジェネリックへシフト! ( March 5 , 2015 )

ジェネリックへシフト!



厚生労働省は、生活保護受給者が薬局で薬の処方を受ける際、価格の安い後発医薬品 ( ジェネリック ) を使用する割合を現行の61%から75%以上に引き上げるよう各自治体に求めることを決めた。

 

達成されれば、130億円規模の保護費削減につながる見込みで、近く各自治体に通知する。

 

生活保護受給者は約217万人 ( 昨年12月時点 ) で、8割超の約177万人の医療費は原則、全額が公費で賄われている。受給者の医療費は2012年度で約1.7兆円と保護費の約半分を占め、処方薬代が約2000億円 ( 2014年度試算 ) に上る。

 

受給者の医療費が公費負担にもかかわらず、後発薬の使用率が低いことへの批判があり、各自治体は薬局や医療機関に切り替えを促してきた。その結果、使用率は2014年には平均61%に上がり、被保険者を含む全体の使用率 ( 55% ) を上回ったが、自治体ごとに46~79%とばらつきがある。都道府県の平均で75%を上回っているのは長野、沖縄両県だけで、和歌山県 ( 46% ) などの低調な自治体に改善を促すことにした。  ( 2015.3.5 読売新聞より記事参照 )


これも高齢化の今の時代の流れなのか? 個人的には、湿布でも何でもあんまり気にせず使ってはいるが・・・・・ 何か効き目が違うような気もする。本当のところはどうなのか? それでも値段が違うのでやっぱり、TPO? いや、痛みや怪我の程度にあわせて価格の安いジェネリックも使っている。



medicine ( 2015.3.5 ) 



参考サイト : 読売新聞 ( 記事参照 )



スポンサーサイト
[2015/03/05 17:13] | 社会保険 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<介護保険料、値上げ、止む無し! ( March 7 , 2015 ) | ホーム | ちょっとゆっくりしようか? ( March 4 , 2015 )>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://clovercare.blog100.fc2.com/tb.php/1578-2c756bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |