Organ Transplant ・ 改正臓器移植法 (June 30 , 2010)

Organ Transplant
 ・ 改正臓器移植法


Organ Donation Network 



平成22年 7月17日に 『 改正臓器移植法 』 が施行されます。

臓器摘出要件の改正 )

  移植術に使用するために臓器を摘出することができる場合を次の (1) または
     (2) のいずれかの場合とする。

   (1) 本人の書面による臓器提供の意思表示があった場合であって、遺族が
      これを拒まないとき、または遺族がないとき(現行法での要件)。

   (2) 本人の臓器提供の意思が不明の場合であって、遺族がこれを書面によ
      り承諾するとき(改正法により追加された要件)。


臓器摘出に係る脳死判定の要件の改正 )

    臓器摘出に係る脳死判定を行うことができる場合を次の (1) または (2) のい
   ずれかの場合とする。

   (1) 本人が A : 書面により臓器提供の意思表示をし、かつ、B : 脳死判
      定の拒否の意思表示をしている場合以外の場合であって、家族が脳
      死判定を拒まないとき、または家族がないとき。

   (2) 本人について A : 臓器提供の意思が不明であり、かつ、B : 脳死判
      定の拒否の意思表示をしている場合以外の場合であって、家族が脳
            死判定を行うことを書面により承諾するとき。


Organ Donation Decision Card ( cer-1 ) 
( 社団法人日本臓器移植ネットワーク ・ クリック !!! )

Organ Donation Decision Card ( cer-2 ) 
( 臓器提供意思表示カードの記載方法 )



なお改正臓器移植法の一部として、既に平成22年 1月17日より、臓器提供の意思表示に併せて、書面により 「 親族 」 への臓器の優先提供の意思を表示できるようになりました。

Organ Donation 
( THE GIFT OF LIFE )  



続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/06/30 23:59] | 社会福祉士 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>