診療費用 ・ 医療費の謎 (February 26 , 2010)

診療費用・医療費の謎 ( 明細書つき領収書の発行義務化 )

 

red cross



先日、厚生労働省は中央社会保障医療協議会 ( 診療報酬の改定等について審議する機関 ) に対して、医療機関が投与した薬の種類や検査内容等の診療内容の詳細を記載した明細書の無料発行を義務化する ( 平成22年4月~) ことを示しました。
 
これまでは 「 初・再診料 ○○点 」、「 入院料等 ○○点 」、「 医学管理等 ○○点 」、「検査 ○○点 」、「 画像診断 ○○点 」、「 投薬○○点 」 等の項目ごとに費用を記載した領収証を無料で発行することのみが義務づけられていました。
そして詳細な個別の点数項目までわかるレセプト並みの詳細な明細書に関しては、レセプトの電子請求を行っている医療機関のみ、患者から要望があった場合に無料で発行することが義務づけられていました。
( しかし実際には多くの医療機関が、明細書の発行が一部義務化されたことを患者に知らせる対策等を実施していなかった状況にあり、明細書の発行はあまり浸透していませんでした。)
 
そこで今回の義務化では、レセプトの電子請求を行っている医療機関については、正当な理由のない限り、原則として詳細な明細書を無料で発行することとしています。
( 除外対象 : (1) 明細書発行機能がついていないレセコンを使用している医療
                        機関。
                    (2) 自動入金機を活用しており自動入金機を改修しなければ明
                         細書を発行できない医療機関。)


非常に複雑な点数体系で分かりにくい診療費用・医療費が 「 明細つきの領収書 」 の発行義務化により、一層、透明性が確保されればいいのですが・・・・・




ちなみに上記画像は 「 赤十字 」 のイメージ画像です。赤十字のマークは、戦争や紛争などで傷ついた人々、またその人たちを救護する軍の衛生部隊や赤十字の救護員・施設等を保護するためのマークです。紛争地域等で 「 赤十字 ( マーク ) 」 を掲げている病院や救護員などには絶対に攻撃を加えてはならないとことが、国際法や国内法で厳格に定められています。

赤十字マークの配色は、赤十字の創設者アンリー・デュナンの祖国であるスイスに敬意を表して、スイス国旗の配色を逆にしたものが基になっています。しかしエジプト、トルコ、サウジアラビア、イラン、マレーシア、パキスタン等のイスラム教信仰国では、十字がキリスト教を連想させるため、月のマークである 「 赤新月 ( せきしんげつ ) を使用しています。


International Federation of the Red Cross

 



スポンサーサイト

テーマ:医療 - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/26 18:39] | 社会保険 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>