法律が産みだすワーキングプア ( October 31 , 2014 )

法律が産みだすワーキングプア



平成26年10月28日の衆院本会議で審議入りした労働者派遣法改正案について、政府は「 派遣労働者の能力向上を図り、正社員への転換を促す 」 と説明している。しかし、企業は運用次第で派遣労働者をずっと使い続けることが可能になるのが実態だ。労働組合は「 生涯派遣、正社員ゼロ法案 」 と強く反発。

 

現行法は派遣労働の固定化を避けるため、一般事務など大半の仕事は派遣労働者を3年しか雇えない。一方、高い技量が必要で企業側の需要が高い専門26業務は、この規制がない。ただ、こうした労働者保護の規定も、力関係の強い派遣先企業との間で十分には守られていない。

 

派遣で7年間働く東京都内の女性事務員 ( 32 ) は、仕事は一般事務だが、派遣先では専門26業務の一つ「 OA機器操作 」 要員とされる。今の職場は3年の上限を上回る5年目で 「 派遣は立場が弱く、違法でもモノが言えない 」 と漏らす。

 

改正案が成立すれば、専門26業務は廃止され、全業務とも派遣期間の上限が3年となる。その一方で、労働者を3年ごとに入れ替えれば、どんな仕事でも永久に派遣に任せられるようになる。

 

専門職でも、派遣労働者は3年で仕事を変わることを迫られる。女性事務員は「 頑張っていれば、いつか正社員に 」 とボーナスがない仕事に耐えてきた。成立すれば、職場で3年ごとに派遣労働者が入れ替わる事態も起きかねない。

 

厚生労働省の調査では、派遣労働者約116万人のうち6割以上は、正社員登用を望んでいる。改正案は正社員化を後押しするため、派遣元企業に対して労働者への計画的な教育訓練や、派遣先に直接雇用を求めることなどを義務づける。同省は「 派遣が増えることはない 」 と語る。


原則は正規雇用をめざし、派遣等の非正規雇用を規制するための法律が、何故か大企業にいつも上手く利用されている。今度の改正もどうせ同じさ・・・・・ 


TOKYO 0円ハウス 0円生活 ( 著:坂口恭平 )  


参考サイト : 毎日新聞 ( 記事参照 )
                  河出書房新社







スポンサーサイト

テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

[2014/10/31 08:16] | 社会保険労務士 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
給料、アップ、アップ!?  ( October 2 , 2014 )

給料、アップ、アップ!?


大阪府の最低賃金が、また上がる! 平成26年10月 5日より、時給819円から時給838円へアップ! たしかに物価も上がっているし、大手企業の給与も増えているようですし・・・・・ そして、生活保護の水準を下回る、いわゆる 「 逆転現象 」 は、初めて全都道府県で解消されることになります。

まあ、はたらく意欲を維持するためにも、最低賃金はもう少しアップでもいいかな? と個人的にはおもうのですが・・・・・ 生活保護の給付と逆転するかしないか? くらいの賃金で、多くの人が働き、生活していかなければならない現状は、ちょっと悲しい。 企業の言い分も理解はできるけれども、それも含めてリスク管理、そしてハイリターン、と思うのですが・・・・・



大阪府の最低賃金 ( H26.10.5~ ) 




参考サイト : 大阪労働局




テーマ:福祉関連ニュース - ジャンル:福祉・ボランティア

[2014/10/02 08:24] | 社会保険労務士 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
社会保険労務士試験 ( August 26 , 2012 )

社会保険労務士試験 - 国家試験の監督の仕事の巻 -



今日は日曜日だったにもかかわらず朝から・・・・・ とは言え、朝からと言っても集合が7時30分ねので、早朝、5時半起床でしたが・・・・・ 年に一度の社会保険労務士の国家試験がありました。そこで、もうかれこれ4~5回目になるのですが、この国家試験の監督の仕事に行ってきました。

この試験、ちょっとハードな試験で、午前中210分 ( 3時間30分 ) 、午後から80分 ( 1時間20分 ) の長丁場の試験なんです。もちろん受験生が一番辛いんですが、いやいや監督業務もかなり辛い。 それはほとんど立ちっぱなしでもありますから。

今日の試験会場には、70人の受験申し込みで60人近くが実際に受験に来ていました。( 10人以上が受験料を支払って欠席というのも信じられないですが・・・・・ ) それでも、この国家試験、近年では合格率が約 8%なので、このなかでも合格するのは・・・・・ せいぜい 5人くらいかな? と思うと、少し複雑な気持ちもしました。

それは、自分が試験を受けた時の緊張した気持ちでもありましたし、さらに、自分が試験に合格したときの歓喜の気持ちがよみがえったことでもありました。

試験の緊張感は、仕事の緊張感に似ているかも・・・・・ 今日は、試験監督の仕事をして、真剣な受験生をみて、そして自分を振り返る。 真剣に仕事をして、感謝や喜びに包まれる、試験に合格したときの、達成感が蘇る。

試験の緊張感は、仕事の緊張感に似ているかも・・・・・




TEST ( 社会保険労務士試験 2012.8.26 ) 









テーマ:日常 - ジャンル:福祉・ボランティア

[2012/08/26 22:07] | 社会保険労務士 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
最低賃金で1か月暮らしてみました。  ( September 7 , 2011 )

最低賃金で1か月暮らしてみました。




8年連続となりましたが、平成23年 9月30日より「 大阪府最低賃金 」 が時間額で786円 ( 平成22年度分-時間額786円/引上げ額7円 ・ 0.9%増 ) に引き上げられます。ちなみにこの最低賃金については、府内で労働者を使用するすべての事業場及び同事業場で働くすべての労働者に適用されます。


なお今回の 「 平成23年度 最低賃金の引き上げ 」 に関する大阪府労働局の報道発表資料には、本改正により、大阪府内の生活保護と最低賃金との乖離額 ( 現行の最低賃金で働くより生活保護を受給した方が高い収入となる逆転現象が生じています。最新データで算定した時間あたり差額 : 7円 ) は解消されるとのことです。


それならば・・・・・ 気になるのが、生活保護費で生活するより苦しい、最低賃金での生活って、一体?( それとも生活保護費がよほど手厚く充実した、貧困パラダイスみたいな給付内容なのか? )



最低賃金で1か月暮らしてみました。 



出版社 / 著者からの内容紹介


時給1000円は世界の常識。あまりにも低すぎる最低賃金が日本の貧困を生んでいる・・・・・ それを身をもって証明しようと、全国の組合 ・ ユニオンの青年たちが、「 1か月最低賃金で暮らす 」 という体験に取り組んだ !!!!! その体験記を軸に、最賃の問題点、その解決の道筋を明らかにする。

執筆者 : 伊藤圭一 ( 全労連調査局長 ) 、河添誠 ( 首都圏青年ユニオン書記長 ) 、
              橘木俊詔 ( 同志社大学教授 ) ほか



内容 ( 「 BOOK 」 データベースより )


最低賃金での生活をやってみて、どんな暮らしぶりになるのか。どんな心情になるのか。体調はどうなのか。物心両面で記録をつけ、実情を明らかにする一冊。最低賃金制度の概要と、なぜ最低賃金生活体験をするのかについて説明する。チャレンジャーたちの体験記を掲載、また、最低賃金の意義をさまざまな視点からとらえ深めて、どうしたら最低賃金を引き上げることができるのかの道筋を示した。



テーマ:家庭・社会・国の問題を考える - ジャンル:福祉・ボランティア

[2011/09/07 16:51] | 社会保険労務士 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
勤労感謝の日 (November 23 , 2010)

勤労感謝の日



勤労感謝の日には、お仕事に関連するサイトを紹介します。

それは、厚生労働省の外郭団体でもある 「 独立行政法人 労働政策研究 ・ 研修機構 ( JILPT ) 」 ( いまいち何をしているのか分かりにくい無用な感じの名称の天下り団体?ぽいですが・・・・・ ) が提供する 職業とキャリアに関する総合情報システム 『 CAREER MATRIX ( キャリアマトリックス ) 』 です。



(サイト紹介文)

 約500職種もの仕事の内容を写真とともに解説しています。また仕事への興味
 や価値観、ワークスタイル、職業的なスキルから適職を探索したり、これまでの
 経歴の分析からも適職を調べることもできます。仕事の百科事典として是非、ご
 利用ください。

( 主要機能 )

   ① 職業名や職務内容等から職業を検索し、職業についての詳細情報を表示
         する 『 職業検索 』
   ② 「興味」・「ワークスタイル」・「スキル」という
つのカテゴリーから自分に合う
         職業を探す 『 適職探索ナビ 』
   ③ 職歴からアピールポイントや適合する職業を見ることができる 『 キャリア分
         析ナビ 』




CAREER MATRIX 
( CAREER MATRIX ・ 職業とキャリアに関する総合情報サイト /  クリックですよ!!! )







テーマ:日常 - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/11/23 16:58] | 社会保険労務士 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>